2021.04.01

タイアップ記事広告で成果を出すために「読者が主役」という発想が必要

  • ニュース
タイアップ記事広告で成果を出すために「読者が主役」という発想が必要

2016年当時、ブイキューブではお客様とのコンタクトを増やすため、検索広告を中心とした運用型広告に注力していました。しかしCPAは下げ止まり、次の一手が見いだせませんでした。

そこで潜在層へアプローチする新たな施策として注目したのが、アイティメディア株式会社が運営するITmedia NEWS、およびITmedia ビジネスオンラインでの「タイアップ記事広告」でした。

実際にブイキューブでは2017年1月からタイアップ記事広告の連載を開始。2021年1月までの4年間で合計80本ものタイアップ記事広告を公開するまでになりました。これまでの取り組みから実感をもって言えるのは、タイアップ広告をBtoB マーケティングの目標であるお客様に購買していただくための一つの施策として活用したことで、大きな成果をあげることができたということです。

今回は編集長としてITmedia NEWS、そしてITmedia ビジネスオンラインを統括されている本宮さま、元ブイキューブ担当営業で、現在は ITmedia ビジネスオンライン 編集部に所属されている秋山さまをお招きし、ブイキューブ「GAX」の責任者である佐藤岳と共に、ブイキューブで取り組んできたタイアップ記事広告の取り組みを振り返りました。

詳しくは「成果を出すために必要なのは「読者が主役である」という発想。ITmedia NEWS 編集長と語るタイアップ記事広告のあり方とは」をご覧ください。

PageTop